2018年08月14日

Marsoc Safariland Glock19 ホルスターキット 

こんにちはまーもんです。

先日本国からのサプライドロップが届きました。
Glock19のMarsoc納品キットです。



いつもお世話になっている向こうの方が「g19キットいっぱい余ってるけどどうする?」とのことだったので、ヤフオクとかだと8万円を超えてくるので流石に手が出せずにいましたが、いい機会だと思い5個ほど購入しました。
どうやらこのキットはレッグプラットフォームが入っていないキットのようです。あまり使う人がいないから除外されたのか、もしくはレッグプラットフォームが入る前のロットのキットなのかは不明ですが、、、。

ひとまず開封してみます。




ホルスターが3種類とマグホルダーが一つ入っていました。
なんで3種類も!? と思われる方も多いと思いますので簡単にみていこうと思います。

まず一つ目です。ミリフォトだと一番露出が多いタイプでしょうか。結構ごついですが、ライトをつけたままホルスターに入れることができます。

またmolleに装着できるようなプラットフォームになっています。ここの部分は取り外しが可能ですので状況に応じて、ベルトループタイプに変えたりすることもできます。




ロックの方式はよく見る親指で輪っかを外すタイプではありません。

銃を入れる際には操作なしで挿入でき、取り出す時のみロックを解除する方式です。




これが結構使いやすいです。今使用しているBlackhawkのホルスターは人差し指で押し込んでロックを解除しますが、個人的にはこちらの方が使いやすいかもしれないです。
あ、使用しているトイガンはSAAの実寸サイズのG19ですのでもちろんピッタリです。

次に一回り小さいこちらのホルスター、こちらはライトを装着したままでは入りません。

初期状態ではベルトループ用のプラットフォームがついています。こちらも取り外しが可能ですのでmolleの方に変えることもできます。



そしてこの薄い黒ホルスターです。



用途的にはコンシールドキャリー? にしてはパンツの内側に入れるには引っかける部分が大きいですね。ただ表面の材質がぶつかっても音が出ない生地になっていたりするので、私服用であったりする可能性もあります。あと触り心地がいいです笑

3つ並べてみました、薄さもサイズも結構違いますね。


以上で簡単なインプレッションはおしまいです。
ただ皆さん欲しいと行ってくださるんですけど、すべからず同じ反応をします「高い」
「ですよねーww」って感じなのですが。やはりホルスターが3つ入ってるだけでそもそも高い上に、市販していないのでどうしても希少性から値段が高くなってしまうのは仕方がないです。

ただこちらの官給品はcoyoteですが、同じモデルのtanカラーは市販品で手に入りますので、よっぽどこだわりのない方はそちらを買って塗装する等した方が経済的な気がします。日本ですとWilly Peatさん等で取り扱いがあったかと思います。http://www.willy-peet.com 在庫がない場合も取り寄せ等対応してもらえることもありますし、親切に相談にも乗ってくれます。


最後までお付き合いいただきありがとうございました。




  


Posted by まーもん  at 15:00Comments(0)装備更新MARSOCMarine Raiders

2018年08月08日

オプスコアで見分ける本職とエアソフター

みなさんこんばんは、カレンダー通りの方はそろそろ夏の大型連休が迫っていてソワソワしている頃でしょうか。

先日twitterで投稿したところ意外と反響があったネタがあるのでこちらでも書いていこうと思います。
研究熱心な皆さんは日々ネットの海から、お気に入りの部隊の写真を探して考証を重ねていることだと思います。そんな中で結構あるあるなのが「これ本職?エアソフター?」となる瞬間です。

海外の方だと装備も撮影の方法も非常にクオリティの高いミリフォトを日々アップロードしているのでぱっと見では判断できない場合があります。

こちらの写真なのですが自分が知る限りtwitterで数件本職と勘違いされていた物です。ある程度ミリフォトを見慣れている方ならすぐ分かりますが、装備がかっこいいのと鮮明に写っているためか、結構参考にしている方がいるようです。


かっこいいですよね、ぱっと見本職の隊員に見えますし真似したくなるのもわかります。

この写真を見て皆さんは何点おかしいポイントを見つけましたか?自分で確認できる中ではこれだけ見つかりました。


・アークレイルのスロットが3つ、これはOps core Fast Ballisticです。 レイダースで納品されているのはMaritimeです(例外もあり)
・コンバットシャツのCryeのタグがない、Crye gen3タイプのコンバットシャツを着ていますが、本物は腕のベルクロの部分にブランドのタグがついています。
・ラジオ、Motoloraでしょうか、、、?
そして最後にこいつです!
レイルについてるアダプタ、これがついているのは99%エアソフターです
このアダプタHalo効果をする際につける酸素マスクの紐を通す物なのですが、本職の隊員はまずつけているのを見たことがありません。
実物のオプスコアは納品時にはこのアダプタはついておらず、アクセサリーキットとして別にあるようです。

皆さんもご存知の通り、このアダプタはレプリカのヘルメットに標準装備でついてくるものです、ですので取らずに付けっ放しにしているエアソフターは結構多いのです。そういうわけでこのアダプタをつけているのはほぼエアソフターと私は判断しています。

本職の隊員の画像です






この2人もかっこいいですが、残念ながらアダプタのせいで台無しです、、、





念のため各社レプリカヘルメットを見てみましょう。

FMA


Emerson


nhelmet



,,,見事についてますね。


以上取り外すだけの、お手軽リアル化でした!
ミリフォトを見分ける際、装備のリアル化に役に立てていただければと思います。
  


Posted by まーもん  at 12:00Comments(0)ミリフォト考察サバゲーMilsimヘッドギア

2018年08月06日

TCA PRC152 と電波法について

こんばんは、まーもんです。
今回は何かと炎上案件を起こしているTCAの実働PRC152について書いて行こうと思います。





この商品、何が問題かというと日本の電波法で定められた基準を満たしていない製品という点です。
簡単にいうとこの製品で電波を飛ばすと違法です。
電波の発信源というのはすぐわかるので、仮にこの製品を購入して電波を発信してしまった場合、総務省管轄のパトロールがすぐに来てしまいます。
https://ja.wikipedia.org/wiki/不法無線局
<追記>


所持しているだけでも発信できる状態だと、検挙されることもあるそうです。




電波法にこのような一文があります。
「電波は有限資源であり、その性質上、万人が自由勝手に使用した場合に、お互いに混信や妨害を与え、正常な通信ができなくなるなどのトラブルを招いてしまう。」

電波というのは互いに干渉しあってしまうものなので、許可を得ずに好き勝手に電波を発信していると、他の必要な無線を妨げてしまいます。そのような事情から電波法という法律で電波の使用に関しては厳密に規定されており。市販の無線機器を使用する際には電波法を遵守する必要があります。

電波法というのはれっきとした法律です。ほかの法律と同じで知らなかったでは済まされないものなのですが、昨今のミリタリー界隈での無線事情や、ドローンやラジコンにおける電波法に関してあまりにも無知な方が多すぎる印象を受けます。

基本的に日本で電波を飛ばす製品というのは、総務省において認可を受けた物のみ使用できます。技術基準適合証明等(以下技適)といい、認可を受けた製品には必ずこのようなマークがついています。




技適のない電波を発する製品は電波法の定める「特定小電力無線」(以下特小無線)の出力でも、発信することはできません。
そもそも特小無線とは免許や登録無しに使用することのでき、出力が0.01W以下の無線機のことを言います。しかし特小無線の出力で使える機器でも技適のない無線機は使用することができません。技適はきちんと基準に適合していますよーという証明になるわけです。
https://www.weblio.jp/content/特定小電力無線

ですのでTCAやTRiなどの無線機のように、電波帯や出力を特小無線の範囲内に変更することができても、技適がないため使用することができないのです。

Trisさんの記事も参考にしてください。
http://tokusyo.militaryblog.jp/e567976.html

電源をつけた状態=いつでも送信できる状態 ということなので、電源をつけた写真をSNS等にアップすると炎上するというわけです。
電波発信しなければOKという方もいらっしゃいますが、やはり何かあった時に言い逃れができないですから、危ない橋はわたるべからずと私は思っています。
実際に所持のみで逮捕者が出た案件も過去にはあったそうです。


私実際に国内の某代理店が取り扱いを始める前に輸入して所持していましたが、一度も電源を入れておりません。
購入前に一度総務省の管轄部署にメールにて当該製品について、所持可能か問い合わせを行いましたが、「使用は不可」との回答を受けました。

ここからが今回記事を書いたきっかけなのですが、「電波を発信することがダメなら発信できなくしてしまえばいい」 とのことで送信機を無効化しました。
すなわち物理的にPTTをカットすることで電波を発信できない状態にしたということです。

GPSは入っていると思ったのですが、入っていませんでした。形だけみたいですね。

これでただの文鎮からようやく初の実働ラジオ、、、、素直に感動です。高い金払って手に入れた価値をようやく感じることができました。機能もHarrisの実物同様の機能を再現しているそうで、よくわからないけどピポピポして遊んでいます。


実物と同様にバッテリーから電源をとります。充電は専用のACかUSBから充電できるようになっています。


電源をつけるとTCAの文字が


モードがいろいろありすぎて正直全然わかりません。英語の説明書を読みましたが、そもそも無線に関する知識がなさすぎて受信の周波数を合わせるだけで、自分では限界でした。



TwitterではTCAの中身の基盤等を全て抜き取って、不動化して特小無線を仕込んだ猛者の方も居ましたが、3万近くするので流石に動かないドンガラにする勇気は私にはありません( ; ; )


こうなってくるとTRIの実働148も欲しくなって来ますね、、、いかんいかん両方とも電波飛ばせないのを刺してても何の意味もないですね笑




以上無線の素人が書いた内容なので詳細等間違っているところがあるとは思いますが、サバゲーにおける無線の覚えておくべきことの大枠はわかるかと思います。
ご指摘等があればコメント欄にてご指摘いただけると幸いです。

  


Posted by まーもん  at 12:00Comments(2)ラジオ、無線関係

2018年07月20日

Marsoc Ops core ヘルメットカバー

こんばんは、まーもんです。

雨にも負けず風にも負けず、暑さには、、、、
はい、暑さはどうしようもないですね。例年は『冷房は体に悪い!扇風機で十分!』などと言っていたまーもんですが、今年の夏は寝るときも冷房をつけるようになりました。
やっぱり我慢できる限度ってありますよね。ずっと横浜に住んでいますが、小学生の頃なんかは狭い部屋に弟と二人でしたがエアコンすらついていなかったですからね。それもたった十数年前のことですが。あのころは真夏でも毎日にように外で遊びまわって、常にパチンコとエアガンをナップサックに入れて駆け回っていました。
今となってはだんだんそういった遊びも難しくなって来ているようで、かわいそうにと思っています。

まあ今のご時世遊ぶおもちゃには事欠かないですから大丈夫なんでしょうね。


さて今回の本題ですが、最近のレイダースのミリフォトを見ているとヘルメットカバーつけてる人が多い印象を受けます。




一時期全然見なくなりましたが、やはりNVGなどの配線の取り回しが楽なのか、そういった類の訓練画像だと多くの隊員がつけているように見えます。

そこで見返していると、この方!





最初特に気にしていなかったのですが
なんか違うぞ、、、勘の良い方はすぐ分かりましたかね?
マリタイムヘルメットにエアフレームのメットカバーを付けています。

ちょっと無理してる感が出てますが、本職の方が使っているので大丈夫なのでしょう笑 エアソフターではやっているのを見たことないので、他と差を出したいレイダースリエナクターの方は是非真似して見てはいかがでしょうか?

  


Posted by まーもん  at 20:01Comments(0)MARSOCMarine Raidersヘルメットミリフォト考察

2018年07月17日

Thales PRC148 ラジオポーチ(ラジオオルスター)について

こんばんは、まーもんです。

先日Ebayでセラーと連絡を取っていたら、たまたまその人が海兵隊MEUの方で、「MARSOCと一緒に任務ついたことあるよー」という話になりました。
その方からは某フラバンポーチを購入したのですが、「MARSOCの人が使ってるPRC148のこのポーチ知らない?」と聞くと「あーこれはPRC148といっしょに納品されるやつだよ、持ってないね」と言われました。

これ意味わかりますか、、、? つまりメーカーはポーチ単体では販売しておらず、PRC148を納品するときに付属のポーチとして一つ納品されているということです。



えーとこのポーチの使用例が写真で見られるようになったのが、2015年くらいですね
このポーチは確認できる中では、レイダースでしか使われていないですね
2015年以降新たにPRC148を支給された隊員は一体何人いるのでしょうか

ここまでくると皆さんお分りいただけるでしょう。「圧倒的にモノが少ない」٩(^‿^)۶

うーむ、最近このポーチのレプリカとかも販売しているのですが値段が非常に高価です。
気長に実物が来るのを待とうと2年ほど考えていたのですが、「本当に手に入るのか?」と最近心配になってきています笑。
幸い家にはラジオポーチがたくさん転がっているので、困ることはないのですがやっぱり欲しいものは欲しいですよね(/ _ ; )

そんなこんなで今後もこのポーチの大量放出はないであろうという私からの報告を終了します。

END

  


Posted by まーもん  at 14:29Comments(0)MARSOCMarine Raidersナイロン考察

2018年07月11日

初東京サバゲーパーク!

こんにちは、まーもんです。


先週の土曜日、各地方が豪雨でサバゲーできるのか心配だったのですが予報は晴れ!
当初予定していたQueenにお邪魔しました。さて到着してみるとカンカン照り、めちゃくちゃ暑い、、、おかしいですね、題名は東京サバゲーパークなのにQUEENにきています。

さてQUEENに着いて辺りを見回してみると、、、、「あれ我々以外いなくない?」
9時を過ぎているというのに、我々一行以外誰一人いないのです、スタッフさんと苦笑い、、、、

全国のサバゲーマーはどこに行ったのでしょうか、、、( ; ; )にしても一人くらいくるでしょう普通。
というわけで30分ほど離れたサバパーに飛び入り参加。

暑いですがガンガン走りました^^; しかし田村装備仕込みの二人は動きが違いますね、UさんとKさん上手かったです。



そして構えてるだけでかっこいいBさんと初めてご一緒させていただいたGさん



じぶんは猪突猛進型なので、いつも最前線に突っ走ってどっか行ってました笑
おじさま方はあるていどゲームに出て疲れたのかセーフティ温めモードに入ってしまったので、最後の方は自分一人でゲームに参加していました。

のこり1時間くらいは空いてるフィールド内で撮影会。ふざけていろんなシチュエーションで撮っていました。やはり撮影は少人数が一番やりやすいです。ゼロオペくらいの大人数だと収拾つかなくていつも大変です^^;

ヘスコで基地内風撮影




不審車両制圧風訓練(笑)






Uさんこんな扱いされていましたが、すこし嬉しそう、、、?

いつもの筋トレ


その他


当日の僕の装備です




最近のミリフォトの寄せ集めみたいなコンセプトだったので想定シチュエーションなどはありませんが、先日購入したM frameを早速つけてみました。曇らないしレンズ交換も簡単なので最高でした。

BDUは個人的にミリフォトでよく見るDrifireシャツとCrye×Drifire gen3パンツの組み合わせです。あとは最近急に復活したThalesのハンドマイクを引っ張り出してきました、

そんな感じで帰りに温泉入ってご飯食べて1日終了です。とっても満足な1日でした。  


Posted by まーもん  at 16:23Comments(0)サバゲー

2018年07月10日

Oakley M Frame3.0 到着

こんばんは、まーもんです。

先日本国からのサプライドロップでずっと欲しかった(毎回言ってる)アイウェアが手に入りました。

OakleyのM Frame3.0のDEです。
おそらく部隊で支給されているのでしょう、最近のレイダースでは一番よく見かけるアイウェアなのではないでしょうか。

とりあえず使用例の写真を、、、といっても多すぎるますね笑





特に訓練でよく使っているのを見ます。この写真なんか全員mフレですね。



タンカラーが多いですが、ブラックも使っているようです。


レンズのは三色でセットになっています。


他にも付属品でウェス、曇り止め、脱落防止バンドなどがついています。レンズが一つのみの製品なども売っているのですが納入されているのは、キットの方です。



ただキットの方は国内で販売されているのを見たことないです、あったとしてもオークションとかでお値段もなかなか張りますね、、、本国でも300ドル超えているようですし。
交換レンズ無しのタイプだとWarriorsさんとかでも取り扱っているようですね

ちなみによくオークションとかで出ているやつはM Frame2.0です。お間違えのないように。
ぱっと見ほとんど変わりはないのですが、レンズを保持するセンターの部品と、両サイドの模様の長さが違います。



今回は新品の放出品を取っても安く手に入れられたので運が良かったです^ ^
早速先週末に使用してきましたが、曇りもなくとっても使い心地が良かったです。やっぱ現行レイダースといったらこれ!!と個人的には思っていたものなので嬉しいです。

以上最後までご覧いただきありがとうございました。



  


Posted by まーもん  at 12:26Comments(0)装備更新MARSOCMarine Raidersアイウェア

2018年06月28日

Marsoc風 ヘルメットセットアップ

こんばんは、まーもんです
先週の土曜から大阪に出張に来ているのですが、今日で11連勤目、、、、

明日ようやく帰れます、、、( ˊ̱˂˃ˋ̱ )

先日Warriors さんでFMA Pas 29用のアップグレードキットを購入しました。いろいろいじっていたのですが、とりあえず完成したのでブログアップしようと思います。





あとはヘルメット更新の過去記事もよければ合わせてご覧ください。




結論から言うとめちゃくちゃ大変ですあと痒いところに手が届くキットではあるのですが、商品のクオリティとしては正直微妙な感じでした。

こちらが箱と内容物です


キットの内容で大きなものはPAS29のケーブルと固定するリングですね。
あとは細かい変更キットがたくさんついています。

細かい作業は文面にすると結構気が遠くなるような行程なので省略します、こちらに組み立てのインストラクションに沿って作ってくれとのことだったので一応リンク貼っておきます。

しかしこの説明書がまあひどいw 要所要所しか書いてない上にパーツ自体に番号などが振り当てられていないので、どのパーツを使えばいいかわからない(*´ω`*) プラモみたいにして欲しかったです。

さらにキット付属のパーツが整形されたままでバリなどががっつり残っています(写真撮ってない) 他にも穴はケーブルを通す穴などが合いていなく、「自分でドリル使って開けてね♡」という有様でした。
このキットだけで4種類の径のドリルビットを使用。


この分配器のケーブルも穴が空いていなくドリルで開けました。しかも右側のケーブルは付属していないので、自分の持ってるケーブルを切断してやらなければいけません。なんという不親切設計!

さらにさらに付属のシールをつけようとしたら、、、切り抜きがされていないww

仕方ないのでデザインナイフで切り抜き、、、円形のシール切り抜くのってめちゃくちゃ難しんですよ、ちくしょー

結局ケーブル切断するのは嫌だったのでFMAのPAS29用のケーブルを香港から取り寄せました

、ケーブルが欲しくてこのキット買ったのに本末転倒ですね笑

そんなこんなで完成!Kimpla Customので役に立ったのは本体の固定リングがリアル化された事くらいですかね(*^◯^*)
ほんとはちゃんと作業工程とか書くつもりだったんですけど、あまりに面倒なことが多くて諦めちゃいました。




とりあえず現行風なヘルメットになったのではないかと満足しています。
ほんと内容めちゃくちゃな回になってしまいましたが、おしまいです。



  


Posted by まーもん  at 19:15Comments(0)装備更新MARSOCMarine Raidersヘルメット

2018年06月19日

おしゃれナイフ Benchmade Nimravus(ベンチメイド ニムラバス)

こんばんは、まーもんです。

今回はずっとほしかった(これ毎回言ってる気がするな、、、)ナイフが手に入ったので、その自慢です。
Nimravus(以下ニムラバス)といえばMarine Raiders等で使われていることで有名ですよね。





ニムラバス自体はそんなに珍しいものではなく、日本でも多くの代理店が扱っている人気のナイフです。
しかしおよそ1年前、ニムラバスについて調べていると海兵隊刻印のものが存在することを発見!
一枚目が通常のもので、二枚目が刻印バージョンです。


こうなってしまうとそれが欲しくて仕方ないのがマニアの性、来る日も来る日もebayに張り付き探し続けました。
今回ようやく出物があったので、速攻でポチ!しました。

しかし米国の海兵隊博物館に展示されているニムラバスはシースのタグが黒いんですよね。

レイダース装備をやっている知人もこの黒タグシースだけをオークションでなかなかの値段で落札したとか、、、
また展示されているものにはブレードの刻印もありません。


おそらく製造時期の違いなのではないかと思っていますが、詳しいことご存知の方いらっしゃったら教えていただけると幸いです。

箱と本体です。市販品とは違うのでしょうか?フォロワーのEさんの箱は上に取り外す形の箱なのに対して、自分のは横にスライドして取り出すタイプの箱でした。
Eさんのツイッターより

自分の



未使用品とのことでブレードもピッカピカです。試しに回していて手に当たったら簡単に出血、、、切れ味はかなりのものです(^_^;)

想像していたよりブレードが薄いです、あんまりガンガン叩いたりして使うと歪んでしまうそうです。



そしてこれが海兵隊刻印!いやー最高ですね。レーザー刻印ですが雰囲気が全然違います、『サービスナイフだぞ』と主張しているのが聞こえてくるようですね。


シースはマリスクリップがついていますが、ベルト等様々なものに取り付けられるようアタッチメントがついています。

取り合えずこんな感じでレビューは終了です。
ただサバゲーに持っていくのは迷いますね、、、職質とかされて『サバゲーです』の理由で到底認めらる気がしないのです、、、シースだけつけてナイフはダミーとかにしようか、でもやっぱりせっかくいいナイフだし迷います、、、

以上ありがとうございました。
  


Posted by まーもん  at 17:03Comments(0)装備更新MARSOCMarine Raiders

2018年06月11日

SOFIC 2018のMARSOC

こんばんは、まーもんです。

ちょっと遅くなりましたが先月にアメリカで行われたSOFIC2018でレイダースが参加していました。
SOFICとはThe Special Operations Forces Industry Conference の略でカナダやアメリカのSOFの様々な舞台が集まり、デモンストレーションの訓練を見せてくれたり、各メーカーにとっては新製品を展示したりしている一般と本職、両方向けのイベントです。

自分はこの趣味を始めてまだ日が浅いですが、毎年やっているのかな、、、、?昨年も写真にかじりついていた記憶があります。

そんなこんなで開催日にツイッターやインスタグラム、フォーラムなどあらゆるメディアで現地の人がアップロードした写真を夜な夜な漁っていました笑




んん!?なんか去年と全く同じですね、上陸デモもVBSSデモもどうやら昨年と同じ内容のようです。
まあそこは自分の関心のあるところではないのでいいのですが(^ ^)
とりあえず装備を見て行きましょう。

ふむふむ、、、まだウッドランドのGEN3上下着てますね、安心しました。
向かって右の方CPC着ています!おお2018年に再びCPCが見れるとは、その姿見なくなってから久しいですが個人的にちょっと嬉しいです。

そして頭周りですがオプスコアにハイスレ、シュラウドが2人とも新しくなっていますね。WilcoxのL4にNVG用のランヤードが付いています。


そしてこれです

ボルトフォワードアシストノブがティアドロップ型になっています。
先日の横田の空軍のSOFの方もこの形のノブをつけていました、何か理由があってこっちの型になったのでしょうか。

早速ポチってVFCのBlock2 に付けましたが、これはまた別の記事で紹介しようと思います。

そういえば先日サバゲーで実エルカンでPTWを撃たせてもらったのですが、あれはやばいです。1と4倍の切り替えもワンタッチですし何より見やすさが半端ないです。いつかは欲しいなあ、、、


以上他にもいろいろありますがここら辺で、、、←(めんどくさくなった)

  


Posted by まーもん  at 19:51Comments(0)MARSOCミリフォト考察