BLACKSHOT公式サイト

2018年04月13日

AVSセットアップ

こんばんは、まーもんです。

???「君たちがこれを読んでいるということは私はすでに死んでいるということだ。この記事は時間指定で今日投稿するように指定しておいた。」(レディプレイヤーワン風)

はい、つまらないジョークに耐えてブラウザを閉じなかった方々、ありがとうございます。

先日届いたAVSを家にあるもので適当に盛り付けてみました。
最近のレイダースの写真を見ていると隊員は最低限のものをアーマーに取り付けあとはファーストラインに分散させて装備を携行しています。
これはレイダースに限らず米四軍すべてにいえることですが、、、
また腰回りの装備も基本的な構成は同じでマガジンポーチ、ダンプポーチ、IFAK, ハンドガン、ライト等をどの隊員も携行しています。
アーマーがない状態でもファーストラインのみでミッションを継続できるように考えて配置されているようです。


フロントはマガジンとPTTのみです。胸の部分には筆記用具と作戦地域(フィールドの地図)、ナイフとハサミを入れています。
ここらへんはすぐ出せた方が便利なのですぐにアクセスできるようにしています。


次にサイド、SFLCSのユーティリティです。その時々でいろいろ入れていますが、サバゲーの時はドローンを入れています。撃たれたり、墜落して誰かに怪我させたら怖いので、貸切以外では使わないですけど、、、


背面です。DAとか訓練想定でフラバンポーチ×2とブリーチングツールキャリアで組んで見ました。レイダースの訓練の写真だとよくトタンを丸めたようなものとか、塩ビパイプみたいなもので代用していますね。
ハンマーとかバーベルのようなものを挿しておくものです。
このキャリアは沖縄オードナンス製で沖縄のリーコンに実際に納品しているものだそうです。僕がメールした時はたまたまリーコンの隊員さんからオーダーがあったタイミングだったそうで、すぐに送っていただくことができました。
対応も素晴らしくおまけまで頂いてファンになってしまいました。ありがとうございますm(_ _)m

アンテナはおなじみのMASTで背面に回しています。マリスクリップを無くしてしまいタイラップで止めているため斜めっていますが、、、



こっちはラジオとm4マグポです
ミリフォトでここにカイデックスマグポつけてる写真いくつかあったので真似してみたんですけど、非常に使いづらいです、、、
もう一段下げるか腰に回そうと思います。

以上最後までお付き合いいただきありがとうございました。
  


Posted by まーもん  at 19:00 │Comments:(0) │Category:装備更新│Category:MARSOC│Category:Marine Raiders│Category:ナイロン│Category:アーマー
こんばんは、まーもんです。

日曜日にMarsoc祭りに参加して来ました・:*+.\(( °ω° ))/.:+
今回はレイダースと、UKSF(SAS)と中東の現地兵の勢力図で開催されました。

ゲストにはらんまるぽむぽむタイプαさん(タイプβとかもあるらしい)も来て華やかな雰囲気でした。開会式でマジックショー!

やはり男臭いイベントに一人女性がいるだけでだいぶ違いますね。

今回もずっとカメラを持ってあちらこちら行っていたので、自分の写真は少なめですが、撮りたかった方々との2ショットはいくらか撮れました。
今度はもうちょっとゲームとか自分たちの撮影もできるように時間配分したいですね。

1、「東西ジャンボの夢のコラボ」
レイダース装備のビッグ2と言われました


2、「ビッグ2に挟まれる鎌隅さん」


3、「神」
まじでかっこいいです


4、「社長」
会うたびに最新になってます


5、「大先輩」
 初めて参加したMarsoc祭りからお世話になってます


6、「Jさん」
またやってしまいました、、、恒例のやつです



雑ですがひとまずこんな感じです。もっと他の方々とも撮りたかったー!


※写真等問題があれば削除しますのでお手数ですがコメント欄にお願いします。






  


Posted by まーもん  at 11:39 │Comments:(0) │Category:MARSOC│Category:Marine Raiders│Category:サバゲー│Category:Milsim

2018年04月11日

到着!Crye Precision AVS

こんばんは、まーもんです。

Marsoc祭りを三日前にしてようやくブツが届きました。
ブログ投稿したつもりが下書きに入っていて、記事反映されていませんでした( i _ i )
いやーAVS欲しい!と言いだしてから長い期間がかかりました(_ _).。o○ まず国内でモノがないというのと、お値段がががが。。。。

日本で揃えようとすると、Base Configuration(プレートバッグとハーネス)だけで10万円近く、それにカマーバンド、パッド、フラップ等々足していったらそりゃもう新入社員の1ヶ月の手取りくらい行ってしまいます。(筆者は今年度で2年目なので、購入時は1年目)

さらにCryeは年に数回しか生産を行わないので、特にAVSのMBAVカットなどは民間向けに使われるようなものではないので、ほぼ受注生産みたいな感じみたいです。
代理店に頼むと半年とか1年近く待ったという方もいらっしゃるみたいです。

そんなこんなで今回Cryeには初めて直接発注しちゃいました・:*+.\(( °ω° ))/.:+
とは言っても先人の方々が購入されていた方法の直接発注でメールでやりとりして国際送金するのは非常に面倒ですし、国際送金手数料50ドルと送料約150ドルかかってしまい、せっかくの直接発注なのに非常に勿体無いお金がかかってしまいます。

なので今回は普通にCryeのホームページで購入して見ることにしました。
※この記事はあくまで自分が実践してやった方法で今回は大丈夫でしたが、同じ方法で必ずしも購入できるかは保証できません。試される方は自己責任でお願いします。

やり方としては簡単で、アメリカ内の発送先住所とクレジットカードを用意するだけです。自分はしょっちゅう使う転送業者があるので、購入した商品をそこに送ってもらってから日本に配送してもらっています。

このやり方だと送料をかなり抑えられますし、日本に直接発送してくれないショップ等を使う際にも有効です。
今回のケースでいうと元々の値段が先述の手数料、送料+商品代734ドルで計940ドルでが→アメリカ国内送料18ドル+734ドルの752ドル になります!

せっかくやすく買おうとしてるんですから、こういうところで少しでも削れるのは嬉しいですね。

一応海外からの直接購入に関しては、荷物ロストや詐欺などの多少のリスクは存在します。自分も一度購入先のショップが倒産して9万円ほどが危うく消えるところでした。(カード会社の保証で帰ってきましたが、返金まで半年ほどかかりました)


信用できるショップならまず大丈夫だと思いますが、そういった手間やリスクが嫌な方は日本国内の代理店にお願いしたほうがいいと思います。国内の値段が高いのは、そういったリスクや面倒な作業を全てショップが負ってくれているからです。


届いた時点ではバラバラです、僕の場合はハーネスとプレートバッグだけが組まれている状態で来ました。


あ、、、気づいたら組み上げてしまっていました笑



内側のハーネスの形はCPCと全く一緒ですね。
てかハーネスとカマーバンド組んじゃったら、ほとんどCPCと変わらないんじゃ、、、

いや!かっこよければいいんです! 軍装やっている理由なんてかっこよさ求める以外に目的ないですから  _, ,_  パーン  ( ‘д‘)   ⊂彡☆))Д´)



とても良いです/////

以上レビューにはなっていないですが到着レポでした。
最後にCPCちゃんとぱしゃり



  


Posted by まーもん  at 10:53 │Comments:(0) │Category:装備更新│Category:MARSOC│Category:Marine Raiders│Category:ナイロン│Category:アーマー
こんばんは、まーもんです。

昨日2ヶ月ほど前の記事ですが、米海兵隊がM27を採用したにも関わらずMarsoc/ Marine Raidersでは採用しなかった経緯について分かり易まとめてあった記事があったので紹介します。
多少の誤訳があるかもしれませんが、大筋は間違えていないかと思います。ご勘弁ください。


そもそもM27は海兵隊におけるM249に置き換わる小火器として、より優れた命中精度と射程を持つ銃として2年前ほどから試験的に一部の部隊に導入されていました。
M249自体が命中精度、携帯性、メンテナンス性、耐久性に置いて問題があることが報告されており、米四軍で30〜35%の兵士がM249の使用時に敵との交戦中に銃が作動停止したことがあり、信頼性に欠けると報告していることもわかりました。



また海兵隊が従事する作戦においてM249の運用は決してマッチングしているとは言えない状況であったようです。
様々な場所に散らばっている相手を制圧するには、一人一人を正確に倒していく方法が最善なのですが、M249それを行うのに十分な精度を持っていません。
そのためより多くの弾を一人の敵に撃たなければない状況でした。これが意味することは、より多くの弾薬を持ち運ばなければなりません。
そのため兵士一人の装備の重量がまして負担が増えていたのです。


対してM27は従来のM4A1よりも長い射程と精密性を持っており、なおかつM249より大幅に軽く信頼性の高い銃として採用される運びになりました。

実際の精度についてはM249が100ヤードでおおよそ30cm以内、M27が100ヤードで5cm以内だそうです。

またもう一つの要因として、2017年から海兵隊での全体の装備の一新の動きがあります。
去年Ops CoreのヘルメットにPVS15,CryeのAVS、M27を持った海兵たちの写真が出て一時騒然としましたよね。
こうした一連の流れからM27が今回採用されたという訳です。

一方陸軍ではM27に興味を示していないようで、さらに次世代の.556mm小銃を視野に入れているようです。長くなるので今回はそこは割愛します。


M27の精度を検証した動画がありました。いかにも鬼軍曹みたいな方が説明していて笑ってしましました。




さてここからがこの記事の本題ですが、
「今回一般海兵では50000艇もの導入を決めたM27をどうしてレイダースは導入しなかったか」

です。

まずこの記事のタイトルですが、Marine Raiders don’t want any M27s「マリーンレイダースがどんなM27もいらない」
というタイトルです。筆者の主観も入っているとは思いますが、レイダースでm27を採用しない確固たる理由があるということでしょう。

いくつか理由がありますので順番に整理して行きましょう。

まずレイダースでは最初からm27に全く興味がなかったわけはなく、実際にテストも行なった上で現状の小火器との間に特筆すべき差を見いだすことができなかったと述べています。(Marsocのスポークスマン発言)

当初はM249の代替として軽くて丈夫で精度のよいライフルとして導入予定だったM27ですが、海兵隊においては現行のM4A1にも変わる汎用性小火器として導入されることになりました。

しかしレイダースではそのような使い方は全く想定していないという現状があります。
レイダースが行う作戦は非常に多岐に渡ります。CQBからVBSSなどの狭所空間での作戦、シリアの様な市街地やひらけた場所があるフィールドでは短い銃身の銃が求められます。そういった様々な状況で運用するにあたってM27は適していないのです。

また特殊作戦を行うMarsocは基本的に少人数のチームで行動することが多いです。そういった状況ではm249の物量の方が大きなアドバンテージを生み出せます。
加えて先ほど述べた様に、m27の長いバレルは市街地や船でつっかえてしまう様です。

確かに5インチ(12センチ)銃身が長くなった上にそこにサプレッサーをつけることを考えると、かなり大きな差ですよね。


またそういった銃自体の特性とは別にも問題があります。
Marsocは現在Socom傘下で活動しています。
Socomで支給されているM4A1レシーバーと互換性がないという点です。確かに現在は作戦によってアッパーレシーバーを交換するなどしてフレキシブルに対応していますが、既存のデバイスが使えないとなると確かにコスト等の観点で問題が出てきますね。



以上の様な複数の理由からMarsocにおいて採用が見送られた様です。
間違っているところや、ほかにも何か情報があったらお教えいただけると嬉しいです。

最後まで見ていただきありがとうございます。





  


Posted by まーもん  at 20:19 │Comments:(0) │Category:│Category:MARSOC│Category:Marine Raiders│Category:考察
こんにちは、まーもんです。

結構前になりますが、Ops Coreを少しずつリアル化していこうと思いまして、マリタイムのレールを購入してみました。
案の定いつも通り国内ではまず売っているところはありません。Fast Cabonとかバリヘルのレールは扱っているところはあるのですが、マリタイムのだけはどこにも見つかりません。
、、、、ということは、はい!お決まりのパターンですね。直接仕入れてしまおう!ってことでオプスコアから直接仕入れました・:*+.\(( °ω° ))/.:+

ジャーン!



おぉ、、、素晴らしいです。ただのレールなのにこの存在感、いや本当にただのレールなんですけどすごい良いです。語彙不足感は否めないですが。

触った感じなんだかしっとりしていて、やはりこのロゴが控えめなのですが存在感を放っていて見入ってしまいます。

ちなみに今まで使っていたのはFMAのマリタイムL/XLで,今回購入したのはLサイズのArc Railです。届くまではサイズがちゃんと合うのかドキドキしていましたが。試しに装着して見ると、、、、ピッタリ!


これは素直にFMAの再現度に感動しました、まさか無加工で取り付けられてしまうとは( ✌︎'ω')✌︎

ちなみにFMAのレールと簡単に比べてみました。
寸法に関してはほとんど変わらないです。少しだけFMAの方が一回り大きいです。多分これは実物のXLから採寸してるからだと思います。僕が購入したのはLですので。あと色味がだいぶ違いますね。


あとは工作精度ですね、FMAの方はところどころバリが残っていて各部にパーティングラインなどが残っています。また全体的に丸みがかっています。
Ops coreの方は全てエッジの処理がされていてすごい綺麗です。パッとみただけでも工業品としてもクオリティの差は素人の私でも分かります。

さてそれではいつも通り組み上げて、、、


ロゴ見えないやん!・:*+.\(( °ω° ))/.:

ロゴが見えないので少し離れてしまったら、わからないですが個人的にはかなり満足度の高いパーツです!おすすめです。


あとはついでにこんなものも買ってます。



塗装がまだ納得のいくものになっていないので、こちらはまた今度。

以上ありがとうございました。





  


Posted by まーもん  at 09:06 │Comments:(0) │Category:装備更新│Category:ヘルメット

こんにちは、まーもんです。
すっかり桜の季節になってしまいましたね、写真撮影でも行こうかなーと思っていたらすでにどこも満開で焦って本牧にある三渓園というところに撮影に行って来ました。




夜桜のライトアップが31日から始まるそうなんですけど、もう散り始めちゃってるんじゃないかな、、、今年は開花早かったですもんね。
皆さんもこの土日にぜひ花見でもいかがでしょうか( ´ ▽ ` )

さて本題ですが先日ネットの海でミリフォトを漁っていたら興味深い写真が一枚ありましたので、紹介したいと思います。

こちらの写真なんですが最近の訓練時の写真です。案の定EXIFデータはしっかり消されていたので日時等は不明ですが、装備を見ると明らかに最近のものだということがわかります。

まず最初に気になったのがしゃがんでいる方の着用しているアーマーです。

見た所AVSのプレートバッグにMTVのカマーバンドを取り付けているようです。AVSにMTVのカマバンをつけているのは初めて見ました。何か使い勝手に良さを感じたのでしょう。


そして左の二人のアーマーですが、どちらのJPC2.0です。コヨーテの使用例はちょくちょく見るのですが、マルチカムの2.0は僕は初めて見ました。
まあ今までJPCマルチの使用例はたくさんあったので、使っていることは不自然ではないですね。むしろこれからどんどん増えてくるかも。

次は一番右の方

見た所Drifireのコンバットシャツを着ていますが、パンツ普通のBDUですかね。間違っていたらすみません。
さらに黒色のラジオポーチですが、どこのものでしょうか?調べて見たのですがわかりませんでした( i _ i )

さらにさらに、ブーツですが全員同じものを履いています。

メーカーはMcRae FootwearというところのHot Bootのようです。全員官給品の靴を履いているのは珍しいですね。非常に面白いです。

(追記)
こちらのメーカーからも同じものが出ていました、デザインは全く一緒ですね

________________________

さらにさらにさらに
PTTですが、全員InvisioのV60になっています。ヒエエ、、、このPttめっちゃ高いやつですよね、、、(゚A゚;)ゴクリ





この写真から考察するに、海兵隊の増備一新に合わせて、Marine Raidersの方でも最新装備への更新が行われているのではないかと思います。
Socom納品だから関係ないかとも思うのですが、そこらへんの管轄の違い自分詳しくないのでどなたか詳しい方ry(そればっかり言ってる)

ひとまずこんな感じで終わります。最後まで見ていただきありがとうございました。





  


Posted by まーもん  at 19:08 │Comments:(0) │Category:MARSOC│Category:Marine Raiders│Category:ミリフォト
こんばんは、まーもんです。


急にまた寒くなりましたね、先週でスノボ納めかと思っていたのですが、まだ新潟あたりならいけそうなので
来週末にJR SKIで予約しちゃいました。
JR SKIだと東京駅から往復新幹線+リフト券付きで大体1万円前後でいけてしまうので経済的にもエンゲル係数たかいです( ^ω^ )

今回紹介したいのは最近導入したUAV(ドローン)についてです。ゲームとかやっている人やミリタリー好きな人は結構昔から知っているのではないでしょうか。
そうでない人も最近色々話題になることは多いので、知っている人も増えきていると思います。

UAVの技術ではやはりミリタリーが一番最先端で時代を遡ること1940年代には最初の無人航空機がアメリカにて運用されています。
これは通常の爆撃機を無線操作できるようにしたものです。

その後開発が進み、固定翼のドローンから複数回転翼(マルチコプター)のドローンが開発され、より安定して操作が簡単になりました。
ここら辺の歴史や機体の特性についてはまた、別途記事を書きたいと思います。

そんな中ドローン関係の会社に務める友人に一度飛ばさせてもらう機会がありまして、「欲しい!」となって買ってしまった次第です。
今回自分が購入したのはDJI製のMavic Pro Platinumです。


お値段は。。。さすがDJI製品、小ちゃいのになかなかのお値段( ◠‿◠ )
DJI製のドローンは基本的にプロユースを目的に作られていまして、一番安い価格帯のSparkでも6万円程度します。

1万円程度のいわゆるトイドローンも所持しておりますが、性能は天と地の差です。トイドローンは少し強い風が吹くとピューっとどっかすっ飛んでいてしまいますので。
やはり屋外等で使用することを考えると、安全第一で性能のいいドローンを買うべきだと思います。

このmavicはアームを折りたたみできて、プロペラも取り外しできるのがポイントです。折りたたんだ状態ですと。バッテリー3つとプロポを入れてもカメラバッグくらいのサイズに入りきってしまいます。
また飛行時間も31分と長くジンバルカメラの性能もいいので映像は全くぶれず高画質な映像を取ることができます。

あと何より。。。カッコいいです♡
いかにもミリタリーチックな外観、戦闘機みたいです。

そんなわけで早速mavic引っさげて貸切に行ってきました。
あ、ドローンってどこでも飛ばせるわけではないですからね!DID(人口密集)地区や航空管制区域(空港から10km以内)などなど飛ばせない条件は多々あるので事前に法規制の勉強は必要になります。



やばいめっちゃ楽しいです。ゲーム中敵味方の上を飛ばして戦況把握したり、普段できない角度からの撮影など幅がめっちゃ広がります!




隣のマンションの奥さんの着替えも思うがままです(ダメです)

これやっぱり無線で連携取りながらとか色々ゲームの展開も変えていけるので、中立の立場でUAV偵察等ゲームで導入できたらいいですね。
無線で連絡取り合って「〜地点に3名』とかやって見たいです。

ただ森林フィールドだとすぐ目視外になってします上に操縦のテクニックも必要なので、もっと練習が必要って感じですね。
あと動画撮るの難しいです、特に人を追いかけながら撮るのはカメラの向きと機体もコントロールしながらなので、かなり神経使います。

https://youtu.be/5RmN4wuBSRo

落としたら値段も値段ですし、、、笑

最後に、海兵隊での最新のドローンの写真です。
なにこれくそださい、、、





  


Posted by まーもん  at 23:41 │Comments:(0) │Category:UAV/ドローン│Category:装備更新│Category:MARSOC│Category:Marine Raiders
おはようございます、まーもんです。

1年分のネタが溜まっているので少しずつ記事を書いて行きたいと思います。
今回はレイダースに納品されているファニーパックについてです。
(追記)新型と題名に書きましたが、年代的には数年前から使われているようです。
9月ごろあるイベントに参加した時にレイダース装備をやっている方が所持していて存在を知ったものです。
この方が使っているものです。



LBT MARSOC IFAK !!


これ製品名なのです。今まで何度かミリフォトで見たことはあったのですがどこのファニーパックかわからずにいました。


レイダースだと有名なのはEagleのやCSMのファニーパックですね。
・CSM
・Eagle

そしてこちらがLBTのものです。eagleやCSMのものがIFAK専用のものではないのに対して、LBTのものはMARSOC IFAKと書いてあります。レイダース納品専用に作られたものみたいですね、びっくり(゚A゚;)ゴクリ
そもそもこれメーカー名のところにJBC corpと書いてあります。調べるとmedicキットを作っている専門のメーカーのようです。
ホームページ見るとトップページの右下にありました(笑)


そんなこんなでコアマン装備目指している僕にはラッキーな出物でした!ほんと手に入ってよかったです^ ^

  


Posted by まーもん  at 14:17 │Comments:(0) │Category:装備更新│Category:MARSOC│Category:Marine Raiders│Category:ナイロン

2018年03月16日

久しぶりに、、、

お久しぶりです、まーもんです(´・ω・`)

すっかり記事更新しなくなってから1年間ほど経ちました。
その間もおサバゲしたり、撮影会したり軍拡したりしてはいたのですが、、、、やっぱりブログ書くのめんどくさい!笑

日曜日サバゲして次の日の月曜日が仕事でちゃんと更新している方は本当にすごいと思います。
最近はスノボーばっかりしていてミリタリーはあんまりなんですが、4月8日にMarsoc祭りがあるのでそんなことも言っていられなくなってきました笑

あ、そういえばCrye Precisionのミシェルから以前「ごめんね在庫なかったわ、次回の生産分で送るね〜ミ」と言われていたAVSのセットが再来週あたりに届きます。

祭りは現行で行くかoldで行くか迷っています。せっかくCPCあるのでカスタムBDUで2011年頃で行くか、はたまたAVSで現行ガチガチで行くか。
「Oldやろうにも148ないじゃんお前 ┐(´Д`┌」
「なければ買えばいいんだよ!」

まあせっかくずっと欲しかったAVSがくるので現行で行こうかと思います。

そういえばずっと再現したかったMichael氏の装備も少しずつ集めていきますので、Arkteryx のニーキャップもたまたま家にあったし笑



  


Posted by まーもん  at 13:06 │Comments:(0)

2017年05月14日

Drifire ウッドランド

こんにちは、珍しく二日連続の投稿です。

先日ようやくdrifire のシャツを手に入れることができ、上下そろったので報告(自慢)しようと思いまして(笑)
基本的にDrifireやcrye×drifireのウッドランドは市販品ではないので市場に出回る際はとんでもない値段で販売されています。オークションの相場だと中古美品で5万くらいします。





しかし長期間オークションを監視しているとあることに気が付きます。値段が高いものはほとんど業者の出品で、
かなりの期間売れていないということです。基本的に個人で出品される方は過去の落札価格や、現在出品されている価格を参考にして出品されると思います。
それが現在の価格高騰につながっているのではないかと個人的には考えています。もちろん近年のレイダース装備の人気による価格上昇もあるとは思います。



少し話がそれましたが、そんなこんなで自分は在庫があっても値段が高くて…という感じで安く出てくるのを待っていました。
パンツはebayで、そして今回ヤフオクで新品が安く出ていたのでぽちった所存であります。
自分の場合身長が大きいやせ型なので、サイズがなかなか出てこないというのも悩みです(drifireだとM-L、Cryeだと32L)


Cryefireなんて去年の9月にシャツを手に入れてから、パンツが市場に出たのすら見ていません。。。


でもとりあえずdrifire後期型だけでも上下抑えておけて良かったです。これからcryefire,マテカスなど先は長いですけれど^^;




とりあえずシャツだけ新品なので、色落ちさせないとですね(ミリオタ的害悪発想)




  


Posted by まーもん  at 16:12 │Comments:(0) │Category:装備更新│Category:MARSOC│Category:Marine Raiders│Category: BDU